時しらぬ 山は富士の嶺 いつとてか 鹿子まだらに 雪のふるらむ
――『伊勢物語』九 東下り

ついに富士山に到達した小町・康秀・業平であったが……